ベラジョンカジノのライセンスは?

ベラジョンカジノ ライセンス ベラジョンカジノ 信頼性

最も安全性が高いです。

 

ベラジョンカジノは今最も日本で有名なオンラインカジノになりました。

でも実際のところその安全性や信頼性ってどのぐらいなのでしょうか?

 

オンラインカジノの安全性や信頼性を客観的に評価できるもの。

それはライセンスです。

 

どこのライセンスを取得しているかで、

ある程度のそのオンラインカジノ運営会社の安全性へのスタンスが透けて見えます。

 

ベラジョンのライセンスはMGA(Malta Gaming Authority)

ベラジョンカジノ ライセンス

結論からになりますが、ベラジョンカジノのライセンスは

MGA(Malta Gaming Authority)になります。

以下公式からのキャプチャー画像です↓

ベラジョンカジノ ライセンス

世界には複数のライセンス発行をしている地域がありますが

大体多くのオンラインカジノが以下のうちどれかを採用しています。

  • マルタ共和国
  • ジブラルタル
  • マン島
  • キュラソー島
  • アンティグア
  • ドミニカ
  • カナダ カナワキ
  • フィリピン

 

このうちベラジョンが取得しているのはマルタ共和国のライセンスです。

この群の中でも「マルタ共和国」と「ジブラルタル」が最も審査が厳しいことで有名で

大手のオンラインカジノを中心に取得されています。

 

審査というのは具体的にはゲームの公平性や運営会社の資金力など

様々な角度から審査をされ、通過した会社のみがライセンスを発行されます。

また一度の審査で終わりではなく抜き打ちの審査も継続して行われます。

 

特に厳しい「マルタ共和国」と「ジブラルタル」の審査をクリアするのは相当難しいそうです。

ですがベラジョンの運営会社は信頼性のあるブランドを築くために

あえてマルタ共和国のライセンスを取得しています。

 

ベラジョンはライセンスだけじゃない!上場企業が運営しています

ベラジョンカジノ ライセンス

ベラジョンカジノはライセンスだけではなく、もう一つ社会的な信用を得ています。

それはイギリスのDumarca Gaming Ltdという会社によって運営されていることです。

この会社自体は上場していません。

ですが親会社のJackpotjoy Plcが2017年よりロンドン証券取引所に上場しています。

 

当然のことながら、親会社はグループ会社の運営にも社会的責任を負います。

つまり上場している企業が厳しくベラジョンカジノを監視していることになるんです。

 

日本で遊べるオンラインカジノの半分程度は

実は上場企業に運営されていません。

 

そのため実はライセンスよりも上場企業に運営されているか?のほうが

社会的な信頼性や安全性の強力な証明になったりします。

 

ベラジョンカジノはライセンス的にも運営会社的にも

最高の信頼を勝ち得ていると言えるでしょう。

 

まとめ

ベラジョンカジノは最も厳しいと言われているマルタ共和国の

MGA(Malta Gaming Authority)

というライセンスを取得しています。

 

またベラジョンの運営会社の親会社はJackpotjoy Plcと言って

ロンドン証券取引所に2017年から上場している会社です。

 

この2点からベラジョンカジノの安全性と信頼性は

非常に高いと言えます。

 

ライセンス以外でのベラジョンの信頼性についても見てみる

ベラジョンカジノの信頼性は?

 

 

 

コメント