ベラジョンカジノの違法性は?

ベラジョンカジノ 出金上限 無制限 ベラジョンカジノ 信頼性

違法?適法?

 

ベラジョンカジノの違法性ってどうなのでしょうか。

ベラジョンカジノをこれからプレイしようと思っている方も

この違法性がやはり気になるところではないでしょうか。

 

結論から言いますと現在のところベラジョンカジノに限らず

日本でオンラインカジノをプレイすることはグレーです。

合法でも違法でもないんですね。

 

どういうことなのかをご説明します。

 

 

日本のオンラインカジノ現状

ベラジョンカジノの違法性は?

日本の賭博法では

国内で公営ギャンブル以外の賭博を行うことは禁止されています。

公営ギャンブルとは以下のことです。

  • パチンコ
  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • TOTO
  • ロト
  • 宝くじ

上記以外の賭博は国内では違法となると…

オンラインカジノをプレイすることは違法とも捉えられますよね。

 

ところがオンラインカジノというのは通常海外でライセンスを取得しており

合法的に運営されているものがほとんどです。

 

ポイントはここで現在日本国内には

そのような海外で合法的に運営されているオンラインカジノに

参加することを禁じる法律がないんです。

 

そのため違法でもなく適法でもないと言えるのです。

 

ではなぜ逮捕者がでたの?

オンラインカジノの違法性は?

ところが2016年に日本国内でオンラインカジノユーザーが3名逮捕されました。

先ほどのように海外で合法的に運営されている賭博に参加することを罰する法律はありません。

ではなぜ逮捕者がでたのでしょうか?

 

理由は大きく2つと言われています

  • 日本人がプレイしやすい時間帯にオープンしていた
  • 日本人ディーラーがいた

 

この二つの理由から「日本人向け」のオンラインカジノと認識され

そのため先ほどの

「国内で公営ギャンブル以外の賭博を行うことは禁止」

に反すると判断され、逮捕者がでたのです。

 

逮捕で即有罪ではない

ベラジョンカジノの違法性は?

ところがここからが重要で

逮捕された3名の内1名が不起訴になりました。

残りの2名は罪と認めてしまいましたが

この違いは何だったのでしょうか。

 

日本では逮捕されてしまえば、多くが容疑をかけられた人物の主張など関係ありません。

今のカルロスゴーンさんの件を見ればわかりますが

拘留期間を延ばして有無を言わさないで罪を認めさせようとします。

(※もちろんゴーンさんが悪いことをしていれば当然の報いです)

 

警察と検察の言われるがまま「罰金刑」で終わらせてしまうケースがほとんどで

これはつまり違法を認めた事になってしまいます(前科がつきます)。

先ほどの2名はまさにこれです。

 

ですが残りの1名は海外で合法的に運営されている賭博に

参加することを禁止する法律はないと主張し

罪を認めませんでしたが、その結果が不起訴です。

 

つまり警察や検察も裁判になれば勝てるという確証がなかったのだと思います。

 

 

VERA&JOHNの違法性は大丈夫?

ベラジョンカジノの違法性は?

VERA&JOHNは「ベラジョンカジノのライセンスは?」でも紹介しましたが

マルタライセンスという最難関のライセンスを取得しており

合法的に運営されています。

 

またVERA&JOHNは日本人に特化したサービスではなく

スウェーデン、ドイツ、オランダ、フィンランドなどヨーロッパのユーザーが多いです。

実際日本人ディーラーは今のところ見たことがありません。

 

サイトが日本語対応をしていますが

日本以外にもイギリスやチリなど8か国の言語に対応しています。

また運営時間も24時間ですよね。

 

これだけの状況で「日本人向けに作られたサービス」というのは

難しいのではないでしょうか。

 

今後IR法案がどのようになっていくかにもよりますが

また新しい情報が入りましたらこのサイトに記事を追加したいと思っています。

 

 

コメント